こころの病でも入れる生命保険

こころの病を抱えながら、社会人10年を迎えた。

こころの病ということはとても曖昧な表現で、自律神経やホルモンバランスの乱れにより発症するものなので、不思議な気がするがこの話は置いておこう。

 

このご時世、不眠症自律神経失調症など、精神的な症状を抱えながら生活する方はかなり増えている。

 

まだまだ偏見もあり、なかなかオープンにしづらい世の中である。

 

社会人として働いている方は、さらなる困難に直面する。住宅ローンや、保険である。

 

私みたいに、精神科や心療内科に通っているが、仕事に支障なく行っているものでも、生命保険や医療保険ではじかれてしまう。

 

ある保険会社の方に紹介してもらった、アクサ生命のはいりやすい保険なんて最悪だ。 

本当に失礼な対応をされた。

 

それに比べ、ライフネット生命は対応が良かった。

こんな私に希望をくれた保険である。

 

この度マイホームを構えることになったため、何かあった時のために生命保険に加入を検討していたのだ。

 

ネットで色々検索したり、引受緩和型など調べたが。

 

こころの病気を抱えた人にとって大変生きづらい世の中である。

 

ただ、民間企業でも利益を求める必要があるため、リスクのある方を除外することは必要であろう。

 

こころの病気と上手く付き合いながら、仕事をしている人間もいる。そんな人を応援する社会であってほしい。

 

今回、アクサ生命にはそれが全く悲しい経験をしたが、捨てる神あれば拾う神あり。ライフネット生命はそう言った意味では神であろう。

 

私のような、病気の上手く付き合ってる社会人に知ってもらいたい。応援してくれる会社もあることを。